こんなにあるウォーターサーバーの種類

維持費が掛かりにくくなるサーバー

たくさんの種類がありますが、それぞれに特徴を持っていますので、それを見定めて選ぶことが大切です。冷水と温水どちらも出てくるウォーターサーバーは電気を使っています。電気代が掛かることにも考慮して選ぶことが大切です。エコモードが付いているサーバーであれば、比較的電気代が掛かりにくくなります。また部屋の明るさに応じてエコモードに自動判別するサーバーもありますので、電気代を抑えたい人はこのようなウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

また配達料やサーバーレンタル、メンテナンス料等の維持費も掛かります。指定されたボトルの数を注文すれば、それらの維持費が無料になることもありますので、サービスにも着目して選ぶことをおすすめします。

やっぱり水にも注目したい

おいしい水を飲みたいからウォーターサーバーを求めている人もいるでしょう。大きくわけて天然水と、ろ過されたRO水にわけられます。また天然水のなかでも加熱処理をしていない製品は、溶存酸素量も多く甘くおいしい水が特徴です。冷たいおいしい水を飲用したいのであれば、このような点にも着目してください。

また赤ちゃんがいる家庭であれば、ミルク作りにも活用することができます。また水質も気になるはずです。放射能の検査を怠っていない安全なな製品を求めてください。おなかがまだ弱い赤ちゃんですのでミネラルが含まれている水は気になりますが、日本で販売されているウォーターサーバーは軟水になっていますので安心です。それでも気になるのであれば、RO水を選んでください。

水宅配の場合、水の入ったボトルを玄関先まで届けてもらえるため、店舗から自宅まで運ぶ手間を掛けずに済みます。

© Copyright Water Treatment. All Rights Reserved.